ギブソンの種類(LP編)その4

レスポールって実際どう違うのですかね

ストラトキャスター(ストラト)というやつと比べてみましょうか


ストラトキャスター:
・アームが付いている(アームプレイが可能)
・ボディが軽く薄い。人間工学的な設計が施されている。
・ピックアップが3つ付いていて、2つをミックスすることで独特な音が出せる
・ネックの仕込角がほぼ無いのでテンション感の低い音がなる。シングルコイルピックアップによる鋭い音。
・アームのためサスティンは短め。

レスポール:
・アームが無い
・ボディが重い厚い。
・表面のメイプルに美しい文様が生じることもあり、工芸的な美しさを持つ
・分厚くて重く甘い音が出せる。
・ネックの仕込角のため、張りのある音がする。かつサスティンは非常に長い。
・ピックアップは2つ付いている。ミックスして使うと「鐘が鳴る」ような独特な音が出る。
・つまみがたくさんあってバリエーションが豊か。

ふ〜ん
どちらにもよさがありますよね
やはり一番は楽器屋で確認ですね
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。