ギブソンの種類(LP編)その1

ギブソンにはどんなタイプのギターがあるのでしょうか
まずは背景から勉強ですね(笑)

レス・ポールはギブソン社初のソリッドギターであり、ジャズ/ポップス・ギタリストのレス・ポールとの共同開発とされる(これは「ギブソンの歴史」参照)レス・ポールとしてはスタンダード、カスタムの2種類が有名ですが、その他にもスペシャル、ジュニア、デラックス、スタジオ、クラシック等多くのモデルが存在します。


【ピックアップ】

スタンダード:1952年から1956年までシングルコイルのソープバー、ドッグイヤーなどの異名をもつP-90タイプ
カスタム:1954年から1956年までフロントにP-90とは全く違う内部構造と長方形のポールピースを持つアルニコV、リアにソープバータイプのP-90という組み合わせで、ピックアップが搭載されていた。


「P-490」ピックアップの登場!
・シングルコイルを二つ並べたようなダブルコイル(ハムバッカー)となっており、ノイズをキャンセルする仕組みになっています。
大きく、甘い音色が。。。


| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。